牛肉の部位について


カタバラ
肉質はややかたいですが、脂肪も入り美味しいです。味の無い赤身肉とまぜて料理すると味がでます。

カタロース
肉質はやわらかく、霜降りが入っています。

ウデ
筋肉が複雑に交さしている部位なので、細かな小分割をします。さんかく・上三筋・三筋・とうがらしなどは肉質がやわらかいですが、小さんかく・すねなどはかたいです。

ロース
(リブロース) 肉質もやわらかく、霜もよく入った部位で、ヒレとともに最上肉です。
(サーロイン) リブロースより厚みはありませんが、肉質はやわらかく、霜も入ります。

バラ
三枚肉といわれ、赤身と脂肪が交互に重なっています。味出しには非常によいです。

ヒレ
テンダーロインともいわれ、肉質がもっともやわらかい最上肉です。

モモ
内モモ)  肉はやわらかいですが、脂肪は少ないです。
シンタマ) 内モモよりもやわらかく、脂肪がありません。
ランイチ) 肉質はやわらかく、脂肪は入りません。ランプともいいます。
外モモ)  モモの中では一番かたいです。
トモスネ) スジが多く、かたいです。